クリーンエネルギーを利用した雪庇除去装置

セッピカッター

平成19年度
北海道新技術・新製品開発奨励賞受賞

平成20年9月
北海道新商品トライアル制度認定 
  

   屋根からせり出した雪を安全に除去
   自然エネルギーを利用、省エネタイプ
   外観を損なわず、取り付けも簡単施工

 機能・メカニズム

 1.  セッピカッターの先端部のウイングで風や雪の流れを変え建物に巻きつこうとする現象を
阻止します。
 2. 太陽の光を垂直板で受け熱に変換し雪に伝え、雪庇の内部から徐々に溶かしていきます。
 3.

セッピカッターの素材はアルミ製です。軽く、腐食しにくく、熱をよく伝えます。

  (H18年2月、南西面に設置したセッピカッター暴露観察で外気温が−5度のときカッター表面温度が+28度を記録しました)

自然の力を最大限に引き出すためや構造物の外観を損なわないよう構造デザインは、
よりシンプルにしました。


雪庇の断面写真

輻射熱による効果

温度管理データ 


(画像をクリックすると拡大します)

 効 果

  雪粒を躯体より遠くに飛ばし、雪庇が形成されるのを軽減させ、軒先に付いてしまった雪庇を太陽光、
  熱で溶かし新雪のやわらかい時点で少量ずつ切り落とします。
  (暴露観察では、晴天が続くと輻射熱によりカッター周辺の雪も溶かし込む現象もみられた)
 ※自然エネルギーを利用した装置の為、地域、設置箇所の条件により効果が異なる場合があります。

 対策商品として、補助エネルギーとして自己制御付低温ヒーターを取り付けたタイプ、
  スーパーセッピカッターも用意しています。

 セッピカッターは

 建物の外観や意匠が損なわない
   セッピカッターの基本色はブラック色ですが、
   建物にあわせたカラーが選べます。(オーダー色)
   シルバー・ステンカラー・ブロンズなど。
   (カラーにより効果が異なることがあります。)
   
 
 アルミ製で耐摩耗性、耐腐食性にすぐれている
   (陽極酸化塗装複合皮膜仕上げ)
   
 取付施工が簡単である
   新築はもちろん、増改築、既存の建物にも、
   足場不要で短時間で取付可能。
   
 取付方法を変えることでどんな建物にも対応
   RC構造や在来構造(板金屋根)、集合住宅、一般住宅ほか。
   (勾配付屋根には付きません。)

 取付施工例

RC構造 板金屋根

止水材を注入後、本体取付


 セッピカッター T−18ウイング


(画像をクリックすると拡大します)



 セッピカッター デルタウイング


(画像をクリックすると拡大します)