雪庇(せっぴ)とは


建物の屋根や屋上に降り積もった雪がどんどん大きくなり、壁よりも外側にせりだした
雪の塊のことです。

これを放置すると自重に耐え切れず落下し、大変危険です。




 雪庇(せっぴ)が生まれる仕組み

  屋根や屋上の上を流れる風によって、屋根先の境界部分で発生する渦が、
吹雪の雪を屋根先や壁に付着させるため雪庇が出来、成長させます。



ウイングUは雪庇の原因となる渦を、羽の間から出る強い気流で抑制します。

 
 


 ウイングUの特徴

 熱伝導率が高いアルミ製+中空構造で、太陽熱が羽の隅々まで行き届き、
   温存させ、羽上部の雪を溶かし落とすので雪庇が着かない働きです。

 ルーバーの高さは2段30センチからと小さく、建物の外観を損ないません。
   (地域、用途により、3〜4段に変更可能です)

 気流が風上から効率よく通るよう羽板を設計しています。
   間を通る強い気流が建物に付着する雪を遠くへ運び、雪庇を作りにくく
 させます。
 

 施工実例

 





 
 

 




規格および使用部材

使用材料

 アルミニウム JIS H4100

定 尺

 2.0メートル以内

表面処理

 電解色陽極酸化複合被膜 16μ

ブラケット

 2.0メートル 2個使用

止 水 材

 1成分形弾性接着剤 JAIAF★★★★